30代の転職

30歳を過ぎて、仕事にも慣れてある程度の責任のある立場になったころにパニック障害を発症してしまった。仕事に対しては好きな分野だったので、ストレスを感じることは無く毎日は充実していたはずだった。

 

サービス残業は当たり前、徹夜をしたりと原因を考えると確かに知らず知らずにストレスを溜め込んでいたのかもしれない。これでは人生が狂ってしまうと一念発起し、会社を退職した。まだ30歳だから転職なんて楽勝だと、何の根拠も計画も無く会社を辞めてしまった。

 

実は人生が狂ったのはパニック障害ではなく、この無計画な転職活動だった。病気自体の治療も行いながら、転職活動というものすごくエネルギーを必要とする作業。到底、両立することはできずパニック障害は悪化した。

 

あれから数年、パニック障害は見違えるほどによくなったが、転職活動には失敗した。正直、この先の人生が見えなくなっている。

 

女性でも働きたい仕事があります

女性だから無理するな、女性だから適当に働けと言われました。それがとても嫌だったのです。これこそ男女差別そのものなのです。でも私はもっと男性と同じように、バリバリ働きたいのです。

 

そのため、私は転職しました。現場仕事をしたかったのです。ずっと事務職で、座りっぱなしの仕事でした。でも現場で働く人が、とても生き生きしているように見えるのです。だから、私もそんな仕事場で働きたかったのです。

 

父の知り合いの建設会社に転職しました。最初は父にもきつく言われたのです。甘くみるな、簡単に辞めれないぞと言われたのです。それはわかっています。でも私はそんな仕事がしたいのです。

 

転職して二か月ですが、とてもやりがいのある素晴らしい仕事です。毎日新鮮でとても楽しいのです。この先どうかわかりませんが、転職して本当に良かったです。
PickUP 転職するにはエネルギーが必要?

 

転職をするべき時について
転職をする時期が来たのではないかと感じています。現在の本職は完ぺき主義であるリーダーが完ぺき主義者すぎるゆえに中々ビジネスを進める事ができず、資金はどんどん減って行き、会社に所属をしているというのに社員は本職の傍らに副業を始めるようになり、最早副業がメインなのでは、と思ってしまうような社員も居る始末であります。
転職をすると今までの会社から巣立つというどこか不安な心持ちになってしまうのですが、今転職をしなければ、会社が潰れて負債まみれになるまで心中をしてしまうこととなりそうなのです。転職先のメドは実はもうつけてあるのです。転職をするとリーダーと会社を裏切るような気持ちになってしまいますが、自分の保身のため、自分の将来のため、給料のため、などのために腹をくくってそろそろ転職を申し出なければなりません。次は外資系の転職エージェントを中心にアタックして給料UP待遇改善を目指したいと思います。